薬膳でセルフケア めざせ!仙人life

中医薬膳学に基づき、薬食同源、医食同源で仙人のような健康長寿を目指します。

酒粕石鹸作り、枇杷の葉&ラベンダー&蜂蜜入り

 

美白!抗菌!

 保湿!抗炎症!

 

 

 

ごそごそ

 がさがさ

 

ぺ「あ、あった、よし、これで、、。」

 

トッコ「ぺんたん、何してるの?」

ぺ「わっ、びっくり、トッコちゃん、いつの間に、。」

 

トッコ「大きな声で呼んだのに誰も出てこないから、入って来ちゃった。」

ぺ「アハハ、ごめんごめん、今探し物してて、。」

 

トッコ「あのさぺんたん、学校、親子学級も中止だし、プールの授業も全部中止、トッコ楽しみにしてたのに。」

ぺ「そっか、、暑い日はプール楽しいもんね。」

トッコ「うん、すっごく気持ちいい、、でも今年はコロナのせいで中止!」

 

ぺ「親子学級っていうのは何するの?」

トッコ「親子で何か一緒に作るの。いっぱい飛ぶ紙飛行機とか、プールに浮かべるボートとか、お菓子作りもあるよ。好きなの選んで親子で作るの。」

ぺ「楽しそう、、。」

 

トッコ「うん、でも中止!つまんない!」

クスッ

ぺ「はい、トッコちゃん、これどうぞ。」

 

ほわ〜〜ん

トッコ「うわ、いい匂い〜、ぺんたん、これすっごくいい匂いだねー。」

ぺ「ラベンダーのポプリ、イライラ怒ってる人の気持ちを鎮めるの。」

 

トッコ「ギャハハーー。あ、ラベンダーあっちにもぶら下がってる。」

キョロキョロ

トッコ「あ、向こうの入り口にも、。」

ぺ「ふふふ、ラベンダーはね、イライラにも良いけど、虫除けにもなるの、だから窓際や入り口にぶら下げてあるのよ。」

トッコ「へぇ、、。」

ぺ「それにね、皮膚にもよくって、バイ菌をやっつけたり、お肌の炎症を鎮めたりと色んなパワーを持ってるの。」

 

トッコ「すごいんだね、ラベンダーって。でもずっと前にトッコが蚊に刺されて痒かった時は枇杷の種の薬つけてもらったよ。」

ぺ「そう、枇杷の葉や種のローションは虫刺されや火傷、それに水虫にもいいからね。」

トッコ「ふうん」

 

ぺ「うふふ、実はね、今、そのラベンダーや枇杷の葉エキスを使って石鹸を作ろうと、材料を探してたところなの。」

トッコ「石鹸?石鹸って作れるの?」

ぺ「うん、石鹸素地っていう石鹸の素みたいなのがあってね、それを使うと簡単に作れるらしいの。」

 

トッコ「へぇ、、面白そう、毎日、学校でも家でも何回も何回も手を洗うよ、手洗い消毒、手洗い消毒、こればっかり。」

ぺ「そうだね、今は手洗いが大切だもんね。」

 

トッコ「トッコも石けん作る!」

ぺ「よし、一緒に作ろう。」

 

トッコ「それで、ぺんたん、何するの?」

ぺ「まずは材料を準備、今日は酒粕を使うわよ。」

トッコ「酒粕酒粕って、お母さんがいつも粕汁にしたりしてるあの酒粕?」

 

ぺ「そう、酒粕ってアミノ酸とか色んな栄養成分がいっぱい入ってるの。」

トッコ「ふうん、、。酒粕って食べるだけじゃないの?」

 

ぺ「食べても栄養成分たっぷりだけど、石鹸にすると、保湿効果や美白効果もあって、血の巡りも良くなり、乾燥肌、肌荒れにとってもいいのよ。」

トッコ「美白ーーウヒャヒャ、お母さんが喜びそう、。」

ぺ「そうなんだよねー、トッコちゃんにはあんまり関係ないかもしれなけど、酒粕は美白成分たっぷりでシミやくすみにも良いのよね〜。」

トッコ「じゃ、酒粕石鹸作ってお母さんにも使わせてあげる。」

 

ぺ「よし、じゃあ、ラベンダーや枇杷の葉のエキス、蜂蜜を加えて、抗菌・殺菌効果や保湿効果、抗炎症効果を高めて、。」

トッコ「はーい。トッコ、ラベンダーの匂い大好き!」

 

ぺ「そうだ、ドライラベンダーもすり潰して入れちゃおう。」

トッコ「オッケー」

 

 

ゴリゴリ

 ゴリゴリ

 

 

 

 

[f:id:hatenablog:20170217161727j:plain:title=:alt=]
[f:id:hatenablog:20170217161727j:plain:title=:alt=]
[f:id:hatenablog:20170217161727j:plain:title=:alt=]
ラベンダー・石鹸素地・酒粕

 

 

 

 

ぺ「石鹸素地に酒粕を入れてしっかり混ぜて」

 

 

[f:id:hatenablog:20170217161727j:plain:title=:alt=]

まず、石鹸素地と酒粕を混ぜる

 

 

 

ぺ「混ざったら、すり潰したラベンダー、枇杷の葉エキス、ラベンダーエキス、蜂蜜を入れて更に混ぜる。」

 

コネコネ

 ぐるぐる

 

 

[f:id:hatenablog:20170217161727j:plain:title=:alt=]
[f:id:hatenablog:20170217161727j:plain:title=:alt=]
ラベンダー、薬酒、蜂蜜を加えて混ぜる

 

 

 

トッコ「楽しい、、なんか粘土遊びみたい、。」

 

 

ぺ「まとまってきたら、空気を抜きながらしっかり箱に詰めて」

 

ぎゅ

 ギュギュッ

 

トッコ「詰めた!」

 

 

[f:id:hatenablog:20170217161727j:plain:title=:alt=]

空気を抜いて箱に詰める



 

ぺ「はい、じゃあこのまま2、3日おいておくの。」

トッコ「なあんだ、まだ完成じゃないんだ。」

ぺ「うん、2、3日経ったら箱から取り出して、更に4、5日風通しの良いところにおいて、それで完成。」

 

トッコ「わかった、じゃあ来週また来る、バイバ〜イ。」

 

 

 

〜 〜 〜 ♪  ♪  ♪   〜 〜 〜

 

 

 

トッコ「ぺんた〜〜ん、酒粕石鹸できた?」

ぺ「できたよ、ほら、。」

 

ぽん

 

[f:id:hatenablog:20170217161727j:plain:title=:alt=]

酒粕石鹸、枇杷の葉・ラベンダー・蜂蜜入り


 

 

 

 

 

 

トッコ「なんか美味しそうだね。」

ぺ「食べちゃダメよ。」

 

クンクン

 クンクン

 

トッコ「酒粕のにおいだー、ラベンダーのにおいしないね。」

ぺ「そうね、酒粕の匂いのが強い、ラベンダーもっと入れてもよかったかも。」

 

トッコ「使ってみていい?」

ぺ「もちろん、」

 

くるくる

 ぷくぷく

 

トッコ「あ、少し泡出てきた、。」

 

ゴシゴシ

 ゴシゴシ

 

トッコ「すべすべしてきた、。」

 

ジャー

 ジャージャー

 

トッコ「泡、すぐに無くなっちゃった。」

 

ピカン

 

トッコ「キレイになった。しっとりスベスベ、酒粕のにおいしないよ。」

ぺ「酒粕石鹸、大成功!」

 

トッコ「うん、学校にも持って行って使う。今日はお風呂でも使う。」

ぺ「はい、毎日手洗い、続けましょう!」

 

トッコ「そうだ!次作るときは四角じゃなくて、もっと面白い形の石鹸にしようっと!」

ぺ「そっか、それも良いね。」

 

トッコ「なんか、手洗いが楽しくなってきちゃった〜♪ ♪ ♪〜」

 

 

 

 

 

 

 

酒粕石鹸、枇杷葉・ラベンダー・蜂蜜入り

 

 

 

材料: 10.5×10.5×2の箱、1箱分

  • 石鹸素地100g
  • 酒粕50g
  • 水50ml
  • 枇杷の葉酒・ラベンダー酒・蜂蜜各小さじ1、(お好みでラベンダーポプリ)

 


   

作り方

  1. ラベンダーのポプリは細かくすり潰しておく。
  2. ボウルに石鹸素地、酒粕、水を入れてよく混ぜる。
  3. 2に枇杷の葉酒、ラベンダー酒、蜂蜜、ポプリを入れて更に混ぜる。
  4. 準備した箱に、空気が入らないようしっかりと詰める。
  5. 蓋をせずに、そのまま2、3日放置する。
  6. 箱から取り出し(外箱を切り取る)、風通しの良いところで3、4日乾燥させ、完成。
  7. 涼しいところで保管し、早めに使い切る。

*更に保湿効果を高めたい場合はオリーブオイル等のキャリアオイルを10g加え、酒粕を10g減らす。

 

 

 

 

 *今回使用した石けん素地(無香料・無着色)

 

 

 

 

 

 *枇杷の葉ローション

www.senninlife.com

 

 

*はと麦ローション

www.senninlife.com

 

 

 

*保湿クリーム

www.senninlife.com

 

 

 

月刊仙人life 6月号 2021


 

 

美味しすぎて6月

 

 

 

皆さま、こんにちは、ぺんたんです。

 

 

リンリン

 リンリン

 

職場へ向かって歩くぺんたんの背後から聞こえる鈴の音

 

ゴホッ 

 ゴホゴホッ

 

鈴の音と一緒に聞こえてくる痰絡みの咳き込みの音

 

ひたすら歩くぺんたん

 

リンリン

 ペッ

  ペッペッ

 

唾を路上に吐きつける音

 

速度を上げて必死に歩くぺんたん

 

リンリン

 ペッ

  ペシュッ

    ペペッぺペペッッ

 

撒き散らすように唾を吐く音

 

更に加速するぺんたん

 

リンリン

  ペッ

   グホッ

    ペペペペッペッ

 

鈴の音と唾音はどこまでもついて来る

 

 

目前に迫った大通りの横断歩道の信号は青

    点滅が始まる

 

ダッシューーーッ

 渡り切って振り返る

 

鈴の音は聞こえない

 

振り切った

     ほっ 

 

 

 

 

 

西と東の都の名品をコラボする

 

 

西の都、京都よりお誕生日のプレゼントにと高級「夏柑糖」を頂き、贅沢を味わった。

ところが今年の誕生日はこれだけに終わらず、今度は東の都から「煮穴子、干物、粕漬けセット」が届いた。

これは以前、月刊仙人life1月号 で書いた「築地のサブちゃん」を利用してのプレゼント。

東京の友人が「築地のサブちゃんね、生の魚類だけじゃなくて、築地の穴子屋や干物屋とも提携したのよ。ぺんたん、穴子大好きでしょ、だから送ってあげる。サブちゃんに聞いたら、『冷凍やクール便で送れるものなら地方発送も引き受けますよ』って言ってくれてね。穴子だけじゃ箱いっぱいにならないから、有名な干物屋さんの干物も入れといたから。」と太っ腹で粋な彼女。

「そうそう、穴子だけど、ほら以前ぺんたんが東京に来た時一緒に行った『玉ゐ』、覚えてるよね、ぺんたんが気に入ってた穴子料理屋さん。今回送った築地の穴子屋、あの玉ゐに生の穴子を卸してる店なんだって。」と、すっごい嬉しい事を言ってくれる。

 

玉ゐの穴子かぁ、、美味しかったなぁ、、箱めし、そして骨酒。

いつ行ったんだっけ?

確かブログに書いたようなと、検索してみたら2017年7月の仙人lifeに載っていた。

4年も前、、

 

思いを馳せながら、冷凍便の箱を開ける。

 

 

[f:id:hatenablog:20170217161727j:plain:title=:alt=]
[f:id:hatenablog:20170217161727j:plain:title=:alt=]
築地のサブちゃん経由で届いた煮穴子・西京漬・干物

 

 

 

うわっ、ぎっしり‼︎

 

まずは、やっぱり煮穴子だよね、と説明書を手に取る。

『山五』というお店の品で、煮穴子には「白」と「黒」の2種類があり、黒の方が味付けが濃いめらしい。

 

冷凍品は冷蔵庫で自然解凍してから、以下の方法で温める。

  • 湯煎
  • レンジ
  • フライパン

温めてから煮詰め(タレ)をかける

 

 

穴子だから湯煎にしようっと、温めたお湯に2分間。

タレをかけて、海苔、山椒葉をのせ、頂きます!

 

 

[f:id:hatenablog:20170217161727j:plain:title=:alt=]

築地市場「山五」の煮穴子、黒&白



パク

そうっとお品よく口に運ぶ

や、や、や、柔らかい〜〜

とろけるよう、、噛まなくても食べれそう、、

 

白、薄味で美味しい

黒、確かに白よりは濃いめだけれど、決してくどくない

どちらも優しい甘さで、穴子の味を損なわない。

やばい、ゆっくり味わうと思っても、箸がどんどん進んでしまう

 

ゆっくり、ゆっくりと思っているのに、止められない 

 

止められない 止まらない、この感じ、、どこかで、、

そうだ!あの夏柑糖を食べた時と同じ、

高級品だからと思っても、美味しすぎて止められない、、。

 

完食

 

〜 〜 〜 ♪   〜 〜 〜

 

 

 

日を変えて「西京漬」

「尾粂(おくめ)」という築地の有名な干物屋さんの品でこの店の1番人気「銀鱈の西京漬」を。

 

  • 味噌をキッチンペーパーで拭き取る、特に皮目!
  • 十分に熱したグリル、コンロ、鉄器にのせ、弱火でゆっくり焼く
  • フライパンの場合はクッキングシートを敷き、弱火で焼く

 

 

グリルを温め、焦がさないよう弱火で慎重に焼く。

穴子は何も考えずあっという間に食べてしまったので、この銀鱈は薬膳料理にしようと思い、冷蔵庫からあの「夏柑糖ピール」を取り出す。

気を補う鱈と、気を巡らせるピール、そして気血の巡りを良くするピール酒も添えれば、西と東の都の名品コラボの贅沢薬膳が出来上がる❣️

 

 

 

《 立法 : 補気行気活血 》

 

銀鱈の西京漬、夏柑糖ピール&ピール酒添え

 

 

[f:id:hatenablog:20170217161727j:plain:title=:alt=]

銀鱈の西京漬、夏柑糖ピール&ピール酒添え

 

 

箸を入れると、ほろっと身が崩れる。

味噌の香り、口に運ぶと、甘い!鱈の甘さが引き立っている

ピールと一緒に口に運ぶと、ピールのほろ苦さと酸味が銀鱈の甘みに絡んで、一層旨みが増す。

そしてピール酒をゴクリ

うわーーーーっ、これこのピール酒、めちゃくちゃ美味しい。

漬けて2週間ほどだから、もう少し熟成させておこうと思っていたんだけれど、既に飲み頃。

夏柑糖の皮に今一度感動!

 

 

ゆっくりゆっくり

 銀鱈と

  夏柑糖ピールと

      ピール酒を

 

西と東の都の友人たちに感謝しながら

   頂きました。

 

ご馳走さまでした♪

 

 

 

*夏柑糖ピール&ピール酒はこちら

www.senninlife.com

 

 

 

 

 

 

自然界便り

 

 

 

 

[f:id:hatenablog:20170217161727j:plain:title=:alt=]
[f:id:hatenablog:20170217161727j:plain:title=:alt=]
色が違ってくる金魚草

 

 

タネを撒いて育てた金魚草

タネがこぼれてどんどん増えていくけど

違う色の花が咲く

初めに咲いた花は黄色だったのに

不思議・・・

 

 



 

 

 

勝手に薬草園便り

 

 

 

 

[f:id:hatenablog:20170217161727j:plain:title=:alt=]
[f:id:hatenablog:20170217161727j:plain:title=:alt=]
実ありクチナシと実なしクチナシの花

 

 

クチナシの苗を買って育ててたら、実のつかないクチナシだった

そんな!と思って

実ありクチナシの苗も買い足した

 

実なしクチナシの花は毎年見ていたけれど

実ありクチナシの花は今年が初めて

 

実ありクチナシの花が一足先に咲いた(左側)

あ、花の形が違う 小さいネ

でも、白さは同じ

 

 

 

 

編集後記

 

 

心臓の鼓動がこんなにも激しくなるほどの猛スピードで歩くとは

背後から聞こえる不気味な鈴の音と唾を吐きまくる音

普段なら「気持ちの悪い人が〜」程度の事かもしれないが

コロナ禍の日々ではとてつもない恐怖を感じる

 

そんな日々を過ごしながらこのブログも6月で5周年を迎えました♪

と言っても最近は仕事にかまけて更新は滞りがち

まぁ5年も経ったんだから、肩肘張らず、のんびり気ままに続けて行けたらと思います。

 

 

 

   ◯      ◯     ◯     ◯     ◯

 

「安全安心」が謳い文句の新しいゲームソフトが発売されるという

ところがこのソフト、蓋を開ければ中には新型ウィルス・変異ウィルスが至る所に潜んでいるらしい

当然、親は子に与えるのを恐れ

発売は中止になるものだとばかり思っていたら

 

 ・ ・ ・ ・ ・

 

変異し、増殖し続けるウィルス

巨額のmoney にしがみつき暴走するゲーム会社

どんなに声をあげて叫んでもヒーローは現れない

 

ウィルスを撃破する最強アイテムは搭載されないまま

前代未聞のサバイバルゲーム

 

coming soon 

 

 

 

 

 

 

 

 

TABICA 薬膳酒ワークショップ2021年度初開催

 

予約リクエスト頂きました〜♪

 

 

 

ゲストのhikoyuri さんから予約リクエストを頂き

6月20日(日)11:00〜TABICA 薬膳酒ワークショップを開催致しました。

 

さて、またしても久しぶりの開催となったワークショップ、まずは薬膳酒の在庫確認からです💦

新しいラックに並べてみます。

同じ春ウコン酒でも2019年もの2020年ものなど、年数の違うものも増えてきたので、予想以上の数。

このラックに並べただけでも68種類ありました😅

 

 

[f:id:hatenablog:20170217161727j:plain:title=:alt=]

薬膳酒68種類

 

 

 

そして今回みえるゲスト用に準備したのがこちらのマスクケース

 

[f:id:hatenablog:20170217161727j:plain:title=:alt=]

ラベンダーポプリ入りマスクケース




 

単なるジッパー袋ですが、中には庭のラベンダーで作ったポプリの袋が入ってます。

いま、ラベンダーが蕾をいっぱいに膨らませていて摘みどきなんです。

ん〜良い香り〜〜♪

マスクケースに入れるも良し

いつも持ち歩くバッグに入れておくのも良し

寝苦しい夜には枕カバーの下に潜ませるも良し

タオルやハンカチを入れておくチェストに忍ばせるも良し

蕾の色はあせても自然の香りは数年続くのです❣️

 

 

6月20日、お越しくださったのはhikoyuri さんとお友達のカッキーさん。

 

「ワークショップに行きたくて、何かないかな、と検索していて見つけたんです。あ、これ面白そうっ、と思って。」

薬膳は初めてというお二人に、陰陽、気血水、帰経のお話を簡単にさせて頂いて、いざテイスティング

なんですけど、実はお二人はお車でお見えになりhikoyuri さんは運転手、ですのでティスティングはして頂けません、残念!

でもその分、カッキーさんが「朝ごはんしっかり食べてきたので大丈夫です!」と2人分?テイスティングしてくださいました。

 

まずは王道の「なつめ酒」を、

「あー、これ美味しいです、好きな味です!」

続いて「枸杞子酒」

「枸杞子ってあの杏仁豆腐にのってるのですね、。」と、どんどんいけます。

 

hikoyuri さんは香りのテイスティングのみなので、薬膳酒の間に所々薬膳酢を挟みテイスティングをして頂きました。

赤紫蘇酢、キウイフルーツ酢、山楂子酢。

 

[f:id:hatenablog:20170217161727j:plain:title=:alt=]

hikoyuriさん、薬膳酢のテイスティング

 

 

 

お二人ともお酢は大好きで、カッキーさんは赤紫蘇酢を作ったりピクルスを漬けたりしてみえるそうです。

「キウイ🥝が酢になるんですか⁈」とちょっと驚いてみえましたがお味は気に入って頂けたようで、

「家で作ります!」と作り方をメモメモ

hikoyuri さんは枸杞子ポン酢も〜とこれまたメモメモ。

 

 

 

「これはやっぱり飲んで頂かないと、」と人参酒をオススメすると

「気になってたんです。おじいちゃんが朝鮮人参酒を漬けて飲んでいて、おじいちゃんの部屋になんか気持ちの悪いものが入った瓶があって、子供の頃、あの部屋には近づかないようにしよう、と思ってました。」(笑)

 

 

そして枇杷の葉酒、枇杷の実酒、びわ種酒、

枇杷は葉も実も種も全部使えて捨てるところは一つもないんですよ。それに枇杷の葉は抗菌抗ウィルス作用もあるので、虫刺されや痒みに外用としても使えるんです。」

「子供の頃、おばあちゃんが柿の種で作った何かで、これ塗っておけば大丈夫と言われて何か塗ってた気がします。」

「柿の種、、ですか、。それは聞いた事なくて、。」

「カッキーは枇杷の産地で生まれてるから、もしかしたら枇杷の種だったんじゃないの?」とhikoyuriさん。

「そうかなぁ??」

 

 

その後、一般の方々には馴染みの薄い山楂子酒、決明子酒、茯苓酒、羅漢果酒も

「うわ、甘い〜〜」と思わず水で薄めるカッキーさん。

 

そして春ウコン酒、秋ウコン酒。

「ウコンってお酒を飲む前に飲む、あの『ウコンの力』のウコンですよね。」

「はい、これが春ウコンで、、」

瓶の中の春ウコンの根、肥大根を見たカッキーさんは

「アーーーーッこれです、おじいちゃん、こういうのが入ったのを飲んでました。」

「ウコンの根も人参の根も見た目は同じようなものですよね。『ウコンの力』に入ってるのはこちらの秋ウコンの方です。」

ゴクリ

「えーーこれがウコン⁈ 味全然違います、『ウコンの力』ってウコンじゃない、、だって普通のジュースみたいですよ。」

 

と、楽しくテイスティングをして頂き、いよいよ薬膳酒作りです。

カッキーさんは「なつめ酒」と、即決です。味も気に入って、その上「最近仕事のストレスで眠れなくて、、」というカッキーさんの症状改善にもぴったり!

何を漬けようか迷ってみえるのはhikoyuri さん、テイスティングして頂けてないので味で決めるわけにはいかず、ただ、このところストレスなどでお通じが今までより悪くなってしまった、というお悩みを聞き、便通をよくする薬膳酒を。

喉の渇きはなく、冷えの症状はあり、、そしてストレス、などの症状から判断し、消化を良くし血の巡りをよくする山楂子と気の巡りをよくする玫瑰花を合わせて作って頂く事にしました。

 

『なつめ』を見るのは初めてというお二人

「どうぞ、食べてみてください。」

「え?このまま食べれるんですか?」

「はい、楊貴妃も愛したなつめです。1日3個食べると老いないそうですよ。」

 

パク

「あ、美味しい、、私これ好きです。」

「あ、タネがありますね。」

と、楽しく試食タイム

「薬膳酒ワークショップを始めた時には、悪酔いしないように前菜をお出ししてたんですけど、食中毒予防の観点から今はホストが作った料理はお出しできないんです。」

せめてもの試食が「なつめ」と「松の実」でした😅

 

[f:id:hatenablog:20170217161727j:plain:title=:alt=]

なつめ、試食中

 

 

 

 

そしてチョキチョキ、拭き拭きしながらの薬膳酒作り♪

 

[f:id:hatenablog:20170217161727j:plain:title=:alt=]

薬膳酒作り


 




 

 

ドボドボとリカーを注いで、完成です。

 

[f:id:hatenablog:20170217161727j:plain:title=:alt=]

完成!なつめ酒・山楂玫瑰花酒



 

そして本日のお土産は薬膳酒ローション

お二人ともラベンダーの香りを気に入ってくださり、でもシミ対策もしたいし、という事で

枇杷の葉・はと麦・ラベンダーローション」を作って頂きました。(枇杷の葉はぺんたんが勝手に決めたけど)

赤い綺麗な色になるように、最後にビタミンCたっぷりの自家製ドライローゼルも入れて完成です❣️

 

[f:id:hatenablog:20170217161727j:plain:title=:alt=]

薬膳酒で美肌ローション



 

 

薬膳酒、ローション作りが終わったところで、ホッとひといき、薬膳茶タイムです。

本日の薬膳茶は「ドクダミ菊芋薄荷茶」

梅雨時の湿気をとる菊芋、デトックス効果のドクダミ、お口スッキリ和薄荷。

うふふ全部自家製、無農薬、これぞ嘘偽りのない「安全安心」❗️

 

 

薬膳茶を飲みながら菊芋を食べているところの写真を、とおもったらhikoyuri さんはもう食べ終わってしまったため、カッキーさんが写真撮影に協力してくださいました。

カッキーさん、ありがとうございます♪

 

[f:id:hatenablog:20170217161727j:plain:title=:alt=]

薬膳茶の菊芋を食べるカッキーさん

 

 

 

hikoyuri さん、カッキーさん、

『薬膳でセルフケア!体質に合わせて薬膳酒を漬けよう!』にご参加頂きありがとうございました。

薬膳酒だけでなく、薬膳酢や料理にも関心を寄せ、丁寧にメモを取って頂きとても嬉しく思っています。

ワークショップ中にご紹介した薬膳酒、酢、料理、その他オススメの薬膳レシピのページを貼っておきますので、宜しければご覧下さい。

 

そしてカッキーさん、お名前を伺ったのに忘れてしまったダメなぺんたん。

「柿の種の話」が面白かったのと、どことなくガッキー似と思ってしまったので、勝手にカッキーさんというニックネームをつけて書かせて頂きました。すみません🙇🏻‍♀️

 

薬膳酒の仕上がりまで3ヶ月ほど、1ヶ月毎に味見をしながら薬酒が熟成されていくのをお楽しみください。

1日1回、愛情込めて優しく揺するのもお忘れなく♡

 

カッキーさんの「なつめ酒」は、食間、または就寝前に

hikoyuriさんの「山楂玫瑰花酒」は食前に

1日30ml、1〜2回を目安にお召し上がりください。

(お湯わりがオススメ)

 

またお会いできる日を楽しみにしています。

 

 

 

*山芋酒

www.senninlife.com

 

 

枇杷種酒

www.senninlife.com

 

 

*枸杞子ぽん酢

www.senninlife.com

 

 

*飲む枸杞子酢

www.senninlife.com

 

 

*赤紫蘇酢・酒

www.senninlife.com

 

 

*梅サワー

www.senninlife.com

 

 

*ぶどう酢・ブルーベリー酢

www.senninlife.com

 

 

*トマトと蜂蜜の薬膳

www.senninlife.com

 

 

*キウイ・トマト・モロヘイヤの薬膳

www.senninlife.com

 

 

*海老と青梗菜の薬膳

www.senninlife.com

 

 

*ストレスが溜まった時に良い薬膳レシピ

www.senninlife.com

 

 

*血流をよくする薬膳レシピ

www.senninlife.com

 

 

 

 

 

 

 

 

*薬膳酒ワークショップのお申し込みはこちらから↓

 

tabica.jp

 

 

 

夏柑糖の皮でピールジャムを作る

 

皮はリカーに漬けて苦みをとる

 

 

 

シトシト

 シトシト

 

ザッ

 ザッザーーッ

 

ぺ「鬱陶しい梅雨、、ジトジトして、。」

 

 

ぺ「うふふ、でも私の気分はパッと明るい、なぜなら、、。」

 

 

 

ジャーーーン‼️

 

 

老舗『老松』の夏柑糖

[f:id:hatenablog:20170217161727j:plain:title=:alt=]

老舗老松の夏柑糖

 

 

 

 

ぺ「えへへ、、ぺんたん、6月がお誕生日という事で、プレゼントが届いたんです。なんと、老松の『夏柑糖』。もちろん、人生初の夏柑糖です。」

 

パク

ぺ「うーーー ♪ 美味しい、梅雨のジメジメが飛んでいく〜〜〜」

 

パク

 パクパク

 

ぺ「感動の夏柑糖、、夏みかんの酸味と甘さ、寒天の固さのバランスが絶妙ー ッ! 」

 

完食

 

 

 

ヒュヒューン

 

仙「ぺんたんよ、今日もよく降っておるぞ。」

 

 

ぺ「はい、、。」

 

ドボドボ

  ヒタヒタ

 

仙「ん?何を作っておるのかな?」

 

ぺ「はい、夏みかんの皮をリカーに漬けてるんです。」

 

ぽん

 

[f:id:hatenablog:20170217161727j:plain:title=:alt=]

皮を洗ってホワイトリカー

 

 

 

 

仙「おお、これは美しい皮じゃのう。」

ぺ「はい、なんでも山口県の萩で作られている夏みかんだそうで、、あまりに綺麗な皮なので捨ててしまってはもったいない、と。」

 

仙「もちろんじゃ、みかんの皮は薬膳では大切な中薬、脾胃を整え、湿を取り、気の巡りを良くしてくれるのじゃ。」

ぺ「ええ、干して陳皮にしても良いのですが、このお天気ですからね、、ジャムにしようと思って。」

 

仙「ふむ、、して何ゆえリカーに?」

ぺ「薬膳酒を作る時、柚子の皮やレモンの皮などは1週間ほど漬けて取り出すでしょ、そうするとリカーに成分と共に程よい苦みが残る。」

仙「そうじゃのう。」

ぺ「そうして取り出した皮は適度に苦みが抜けていて、蜂蜜などで煮るとさっぱりしたジャムになるんです。」

仙「おお、、確かに、。」

ぺ「普通は苦みを抜くために水にさらしたり、何度も茹でこぼしをしたりするんですけど、なんか、栄養成分が全部抜けていく気がして嫌なんですよね〜。だからリカーに漬けて苦みを抜こうと思って。」

仙「ウホッ、苦みと成分はリカーに溶け込み、夏みかんの皮、ピール酒が出来上がるという訳じゃ。」

 

ぺ「はい、お好みで5日〜1週間ほど漬けて、皮を取り出し、細かく刻んで、ピール酒と蜂蜜を入れて煮れば、ピールジャムの完成です。」

 

 

[f:id:hatenablog:20170217161727j:plain:title=:alt=]
[f:id:hatenablog:20170217161727j:plain:title=:alt=]
皮を取り出し、刻んで煮る

 



 

コトコト

  グツグツ

 

仙「ピールもピール酒も、どちらの色も美しいのう〜」

 

 

ぺ「仙人、完成しました、夏柑糖ピールジャム、クラッカーにクリームチーズと薄荷を添えて、どうぞ!」

 

 

ぽん

 

[f:id:hatenablog:20170217161727j:plain:title=:alt=]

夏柑糖の皮でピールジャム



 

 

仙「美味そうじゃ。」

パクッ

仙「お、爽やか!甘すぎず、苦すぎず、。」

 

パクッ

ぺ「ほんと、美味しい、薄荷も良いアクセント、、。」

 

仙「ジャムと言ってもベタベタしておらん。」

ぺ「はい、皮の部分だけですからね、水も使ってないし、。ベタついてないので、サラダやサンドイッチなんかにちょっと入れるのにも良いんです。」

 

仙「ピール酒の方も美味そうじゃ。」

ぺ「はいもちろん、炭酸で割ってすっきり爽やか、ピールソーダに!」

仙「ウホホッ、、楽しい美味しい夏柑糖じゃのう、、。」

仙「いや待て、わしはその夏柑糖とやらを食べておらんぞ。」

ぺ「アハッ、、あれはあんまり美味しかったんで、あっという間に完食してしまいました。」

 

 

 

 

 

 

 

夏柑糖皮でピールジャム

 

 

《 立法: 理気

 

材料

  • 夏柑糖皮2個分
  • 夏柑糖皮酒大さじ2
  • 蜂蜜大さじ4

   

 

作り方

 

  1. 食べ終わった後の夏柑糖皮の白い部分を出来るだけ取って、洗う。
  2. 1の皮の水気を拭き取り、熱湯消毒した瓶に入れ、皮が隠れるぐらいまでホワイトリカーを注いで冷暗所に5日~1週間ほどおく。
  3. 2の皮を取り出し、角切りにする。
  4. 鍋に皮と2のピール酒、蜂蜜を入れて蓋をし、火にかけ弱火で5、6分煮込む。
  5. 蓋を取り、混ぜながら水分がなくなるまで煮詰める。
  6. 5が冷めたら、熱湯消毒した瓶に詰め、冷蔵庫で保存する。
  7. ジャムはヨーグルトやクリームチーズと一緒に。又はスィーツやパン作り、和え物にも。
  8. ピール酒は炭酸で割ってピールソーダに(ピールジャムを一緒に入れても良し)、ドレッシングに、紅茶に、お菓子作り等に。

 

 

 

 

橘皮(きっぴ)陳皮、橘紅(きっこう) 理気

[性味/帰経 ]  温、辛、苦/脾、肺

[働き]⑴理気和中 脾胃気滞の腹脹満、嘔吐、食欲不振、下痢

    ⑵燥湿化痰 胸苦しい、咳、多痰、喘息

 

 

 

 

 

仙人問答

 

 

とろとろ

  ササッ

 

仙「なんじゃ、ぺんたん、、まだ何か作っておるのかな?」

ぺ「はい仙人、もう一品、。」

 

仙「ほぉほぉ、何かな何かな、、」

ぺ「うふっ、夏柑糖のお店、『老松』は京都の老舗なんですよ、だから京都を意識して生湯葉にピールジャムを合わせてみました、どうぞ!」

 

 

 

ぽん

 

[f:id:hatenablog:20170217161727j:plain:title=:alt=]

湯葉と夏柑糖ピールジャム

 

 

 

 

仙「おぉ、生湯葉、、確かに京都っぽい、どれ、、。」

 

パクッ

  ズルっ

 

仙「旨い!ピールジャムの爽やかさが口いっぱいに広がって、生湯葉によく絡んでおる。」

ぺ「へへ、、ジャムは甘さ控えめに作ってあるので陳皮のようにも使えて、和食にもぴったりなんですよ。」

 

仙「ウホホッ、和食にもあうピールジャム。」

 

ドボドボ

 シュワーーーッ

 

ぺ「はい、高級夏柑糖を無駄なく頂いて、これもSDGsのひとつですね。」

仙「なに、薬膳はもともとそんな世界じゃぞ、花も実も皮も葉も種も根も塊茎まで、ぜ〜〜〜んぶ頂くのじゃ、もちろんピールソーダ酒も」

 

グビッ

  グビグビーーーッ

 

 

月刊仙人life 5月号 2021


 

 

 パワフル5月

 

 

 

皆さま、こんにちは、ぺんたんです。

 

放置状態のこのブログを覗いてみると

よもぎ」の記事が「注目記事」のトップになっている

ハァ、もうそんな季節

そして「たんぽぽ酒」もランクイン

 

どこかで誰かが

よもぎを摘んで蒸している

 

どこかで誰かが

たんぽぽを摘んで漬けている

 

自分のブログに季節を教えられ

慌ててたんぽぽを掘り起こす

 

 

 

 

最近のお気に入り♡

 

 

「珈琲はいかがでしょう」というドラマが気に入って観ていた。

静かにお湯を注ぎぷくぷくと膨らんでくる豆を観て癒されている。

「オッオッオッ〜♪」

と歌う小沢健二さんの「エル・フエゴ」という曲もオシャレだ。

そしてもちろん、中村倫也さんの優しいお声も〜。

 

コーヒー好きの私だけれど、時間との戦いのような毎日だと、コーヒーを淹れるのもノルマのひとつの様になってしまって、ゆったりした気持ちで淹れてないなぁ、、とドラマを観ながら反省することしきり、、

お気に入りの豆はキリマンジャロなんだけど、いつも買う珈琲屋さんにミャンマーの豆があったので買ってみた。

ミャンマー、、最近ニュースでよく耳にします。

早速、ゴリゴリと豆を挽いて、心穏やかに淹れてみた。

これが、とても美味しい、、程よい酸味、う〜〜癒される味、ハマりそう。(利尿作用は強いけどね)

 

 

もう一つのお気に入りは、オーツミルクで作るパン。

もともとオーツ麦とか、以前紹介したスペルト小麦とか、麦類は好きなんです。

グラノーラも好きだし、スペルト小麦はご飯に入れて炊くとカレー用ご飯としてバッチリ!

それでオーツミルクも飲んでみたんですけど、最初に買って飲んだオーツミルクが甘くて、あんまり甘い飲み物が好きじゃない私としては、これは何か他に使い道は?と考えた訳です。

多分、コーヒーに入れてカフェオレにすると美味しいと思うんですけど、私はコーヒーはブラックしか飲まないので、この手も使えない。

じゃ、ミルクパンにしてみようと思い、強力粉に全粒粉のスペルト小麦粉、蜂蜜、オーツミルクでホームベーカリーへgo→

これが、、、美味しいんです、ほんのり甘くて、柔らかくて、何もつけずにこのままパクパク頂けます。

普通ホームベーカリーでパンを焼くと翌日にはもう固くなってしまうんですけど、これは結構大丈夫、レンジで軽くチンするとまたふんわり柔らか。

で、アーモンドミルクでも作ってみたんですけど、こっちも美味しかった、アハハ〜〜。

 

さて、ここからが本題です。

オーツミルクは色々なメーカーが出しているので、飲み比べてみたいと思って、alpro のオーツミルクも飲んでみました。

甘味は少なくて麦の味がするような気がします、こっちのが私には飲みやすい。

 

飲み終わって、パッケージをなんとなく見ている

見ている

見て

 

アーーーーッ

 

 

[f:id:hatenablog:20170217161727j:plain:title=:alt=]
[f:id:hatenablog:20170217161727j:plain:title=:alt=]
alproのオーツミルク


 

よぉ〜く見てください。

右側の写真です

青い字で書かれた3行目

『オーツ麦由来のオッ!とおどろく飲み物です。』

 

『オッ!とおどろく』

 

うわぁぁ

うわぁぁぁ

これはまさに私が、いえ仙人がオーツミルクの薬膳で連呼した『おーッ』と同じ

私と、いえ、仙人と同じ感性だーーッ‼️(単なるダジャレ好き⁈)

 

と、どうでもいい、くだらない事にひたすら感激して

 

オーツミルク飲み比べ選手権

ただいまalpro が大きくリードです(笑)

 

 

 

 

マルサン オーツミルク 200ml ×24本

マルサン オーツミルク 200ml ×24本

  • 発売日: 2021/03/21
  • メディア: 食品&飲料
 

 

 

 

 

*「オーツミルクを使ったスープ」(おーッ!)

www.senninlife.com

 

 

*スペルト小麦を使った古代パン

www.senninlife.com

 

 

*スペルト小麦を使った薬膳

www.senninlife.com

 

 

*スペルト小麦粉を使ったピザ

www.senninlife.com

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

自然界便り

 

 

 

[f:id:hatenablog:20170217161727j:plain:title=:alt=]

セージの鉢にカタツムリ

 

梅雨です

タツムリさんが元気です

 

 

 

 

[f:id:hatenablog:20170217161727j:plain:title=:alt=]

枇杷がたくさん採れました

 

 今年は枇杷の実がたわわ

 

 

 

 

枇杷の実

www.senninlife.com

 

 

枇杷の実薬膳・びわ種酒

www.senninlife.com

 

 

 

 

 

薬草園便り

 

 

昨年、ひょんな事から使わせて頂いた公園の花壇跡

『公園で薬草園』と名付けて、頑張ってはみたものの

どうにもオーバーワーク 

今年はもう全く時間が取れない

区長さんにお断りをして、撤退させて頂く事にした。

 

お忙しい区長さんとはメールでのやりとりとなり、

 

『 1年間使わせて頂き、このままお返しするのも申し訳ないので、もし宜しければラベンダーの苗が育ててありますので、植えておきます。ラベンダーは常緑樹ですので植えっぱなしで良いですし、苗が大きく育てば、ラベンダー摘みなど皆さんに楽しんで頂けると思います。ですが、やはり最低限の水やりと雑草抜きは必要となってきます。』

 

 

『薬草園の件、ありがとうございました。
1年間という短い期間ではありましたが、草だらけの空間がはなやかな空間に一変し、公園全体が柔らかな雰囲気になったと感じていました。又元の状態に戻るのかと少し残念な気持ちでいますがしようがないことだと思っています。

 ラベンダーについては区で管理・運営するには問題があるように思います。
だんだん荒れていく様子が予想されます。
ということで、中途半端に引き継ぐのはやめた方が良いとの判断、あとはどうぞそのままにしておいてください。』

 

 

お返事を頂き、

看板や根止めフェンス、そしてなんといっても菊芋の撤去の為薬草園に向かった。

 

案の定、あちこちに菊芋の新芽🌱が出ていて、掘って掘って、、

で、新芽を使った薬膳を作った訳だけれど、まだあと数回は菊芋チェックに公園に行くだろう。

 

公園の草刈りに来ている業者が、薬草園の雑草も一緒に刈って行ってくれたようだ。

昨年、必死に雑草を抜いたおかげで、根深い雑草が生えておらず、土も柔らかい。

でも、ここにラベンダーを植えれば、マシンでの草刈りは出来なくなり、どうしたって手作業での雑草取りが必要になって来る。

区長さんの仰る事はごもっともで、誰も管理出来ないなら、マシンで表面の草を刈るしかないだろう。

 

 

[f:id:hatenablog:20170217161727j:plain:title=:alt=]
[f:id:hatenablog:20170217161727j:plain:title=:alt=]
さよなら「公園で薬草園」エビスグサの新芽を残して

 

 

マシンで刈られた薬草園を眺めながら、ここを去るのが寂しい気持ちにはなるけれど、これ以上無理はできそうにない。

昨年のこぼれ種で、エビスグサがいくつも芽を出している。

ガンバレよ!と声をかけてみるけど、草刈りマシンには勝てないのかな。

 

 

 

[f:id:hatenablog:20170217161727j:plain:title=:alt=]

傷だらけのプレート

 

 


 草刈りマシンで傷だらけになった薬草園の看板を取り外して

 

バイバイ 

公園で薬草園




 

 

www.senninlife.com

 

 

 

 

 

 

編集後記

 

 

4月に行った仕事が好評で手ごたえもあり、私の周りの人達は皆、活気に満ち溢れている。

やる気満々になってしまった彼らのおかげで、私は残務処理をしながらも、もう次への準備に取り掛からなければならず、なかなかブログに関われない。

 

忙しくパワフルな日々

けれどどんな日々も全てはコロナ下にある

1年以上経っても全く収束の目処が立たない状況下 それでも平然と五輪への道を突き進む国

 

中医学予防医学に関わる人間として、どうしても自分の意志を表明しておきたくて、何か方法はないものかと検索してみた。

 

東京オリンピック 中止 署名」で検索

 

見つけたオリンピック中止の電子署名

宇都宮けんじさんという人が発信者となって5月5日からスタートしている

私が署名した時は署名が30万筆を超えたところだったけれど、既に40万筆以上になっている

IOC バッハ会長、菅総理東京都知事宛に数回この署名は提出されているようだ

 

26日には朝日新聞の社説にこんな記事も掲載されている

(社説)夏の東京五輪 中止の決断を首相に求める:朝日新聞デジタル

 

 

私たちが闘っているのはコロナウィルス

Covid-19 

先の見えない闘いに疲れ

精神的にも肉体的にも経済的にも疲弊しきっているこの現状に

Money を餌にしてぶくぶくと膨れ上がったオリンピックという巨大なモンスターがのしかかる

 

結局、ウィルスよりも恐ろしいのは「人」なのか

オリンピック開催によりに降りかかってくるコロナの脅威、猛威

ここから先は100%人災だ

 

民意

踏みつけにされ

刈り取られ

雑草扱いの民意だったとしても

エビスグサのように

しっかりと芽を出して声をあげなければならない

東京五輪の中止を求めます❗️」

 

 

 

・・・ならぬことはならぬ・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

菊芋の葉を使って浮腫みに良い和えもの

 

 まだ柔らかい菊芋の葉を使って

 

 

 

そよそよ

 そよそよ〜〜

 

キョロキョロ

 キョロキョロキョロ

 

ぺ「あった、やっぱり」

 

ピョコッ

 ピョコピョコッ

 

ぺ「あ、あっちにも、、あ、ここにも」

 

エッサ

 ホッサ

エッサカ

 ホッサカ

 

ぺ「ふぅぅう」

 

 

どさっ

 どさっ

 

トコトコ

 トボトボ

 

 

ヒュヒューーン

 

仙「おお、ぺんたんよ、山道を何やら荷物を抱えて大変そうじゃのう、。」

ぺ「仙人、呑気な事言ってないで、運ぶの手伝ってくださいよ。」

 

仙「よし、任せておけ!」

 

ヒョイ

 ヒューーーン

 

ドサドサ

 

 

仙「おぉ、これは菊芋か、。」

ぺ「はい、芽が出たばかりの菊芋と葉っぱです。」

 

 

[f:id:hatenablog:20170217161727j:plain:title=:alt=]
[f:id:hatenablog:20170217161727j:plain:title=:alt=]
菊芋の葉


 

ぺ「去年植えた『公園で薬草園』の菊芋です。」

仙「公園で薬草園の?? ふむ、確か全部掘り起こしたはずじゃが、、」

 

ぺ「はい、そうです、仙人と一緒に全力で掘り起こしましたよね。でも、菊芋の事です、絶対まだどこかに残っているだろうと、今日確かめに行ってきたんです。そろそろ芽が出る季節ですから、見つけるチャンス。」

仙「それがこれか、、又どっさりじゃのう。」

 

ぺ「ええ、あっちにもこっちにも、新芽がいっぱい。あ、でも、仙人が広がらないようにと埋め込んだ根どめフェンスの効果はあったようですけどね。」

仙「おぉ、それは何よりじゃ。」

 

ぺ「全部掘り起こして、、葉っぱは柔らかいから食べれるかなぁと思って切りとってみたんですけど、菊芋の葉っぱってガサガサしてて美味しくなさそう。」

仙「葉っぱにも利水効果があるのじゃぞ。」

 

ぺ「え?じゃあ、むくみ対策とか、体内ドロドロ対策に良いってこと、、。」

仙「そうじゃな、和物や炒め物、、干して保存しお茶にもできるぞ。」

 

ぺ「なるほど、、。では、腫をほぐしてくれる『昆布』とあわせて、チャチャっと薬膳作ります!」

 

ジャブジャブ

 サッ

  ジャージャー

 

キュキュッ

 

トントン  

 

ササッ

 

 

ぺ「完成、菊芋の葉の昆布和え です。」

 

ぽん

 

[f:id:hatenablog:20170217161727j:plain:title=:alt=]

むくみに良い「菊芋の葉の昆布和え」



仙「ほぉ、良い色合いじゃ。」

パク

 パクパク 

仙「うむ、うまい、食べ易いぞ。」

 

ぺ「はい、昆布との相性は良いですね。」

パクパク 

 

 

 

 

菊芋の葉の昆布和え

 

《 立法:利水消腫 》

 

材料(2人分)

  • 菊芋の葉50g
  • 塩昆布3g
  • 酢小さじ1/2

   

作り方

  1. 塩昆布は細く切って酢に漬けておく。
  2. 菊芋の葉を綺麗に洗い、沸騰したお湯に塩少々を入れて茹で、冷水にとる。
  3. 2の水気をきり、食べ易い長さに切る。
  4. ボウルに3と1を入れて和える。

 

 

 

菊芋  利水滲湿類

[性味/帰経 ]平、甘/ 脾、胃

[働き]⑴利水去湿 むくみ、尿の出が悪い

         ⑵和中益胃 食欲低下、腹脹、胃のもたれ

         ⑶清熱解毒 腫れ物

 

昆布  化痰

[性味/帰経 ]  寒、鹹/ 肝、胃、腎

[働き]⑴消痰軟堅 瘰癧(るいれき)、肝腫、脾腫、睾丸の腫大疼痛

         ⑵行水消腫 水腫、げっぷ、血便、脚気、浮腫

 

  活血化瘀類(かっけつかおるい)

[性味/帰経 ]  温、酸、苦/肝、胃

[働き]⑴活血散瘀 瘀血性出血

        ⑵消食化積 食欲不振、消化不良

        ⑶解毒殺虫 食中毒、寄生虫

 

*薬膳素材辞典より

 

 

 

 

*菊芋を使った薬膳はこちら↓

 

 *「菊芋春菊ご飯』

www.senninlife.com

 

 

 *「菊芋入り蕎麦がき」

www.senninlife.com

 

 

 *「菊芋チップス、菊芋茶」

www.senninlife.com

 

 

 *「菊芋とピーマンの花椒炒め」

www.senninlife.com

 

 

 

 

 

仙人問答

 

 

 

仙「葉っぱの柔らかい今の時期ならではの薬膳じゃのう。」

ぺ「はい、特別美味しいってわけではないですけどね、アハっ、。」

仙「何を言うか、ズッキーニや新玉ねぎと炒めてもうまいのじゃぞ。」

ぺ「あ、そうなんだ、、修行不足で、、。」

 

仙「食べるばかりではない、菊芋の新鮮な葉っぱはな、腫れ物にも良いのじゃ。」

ぺ「腫れ物に?」

 

仙「新鮮葉っぱに塩を加えて揉んでな、患部に貼るのじゃ。」

ぺ「へぇ、毒だしかぁ、、外用にも使えるって事ですね、、。」

 

キョロキョロ

 キョロキョロ

 

仙「なんじゃ?」

ぺ「いや、どこかに腫れ物が出来てないかなと思って、、。」

 

仙「ウホホッ、では教えてやろう。」

ぺ「え、どこ、どこに腫れ物が、、腕?足?背中?」

 

 

仙「里の、、とある1軒の家でな、『年頃の娘が学校にも行かなくなり微妙な状態で、家族全員が腫れ物に触るようにして暮らしております。』などと言っておったぞ。」

ぺ「え???」

 

仙「腫れ物に触る場合は『菊芋の葉の塩揉みで』じゃな。ウハハハハハ〜〜〜」

 

ヒューーーン

 

オーツミルクで貧血・骨粗鬆症に良いスープ

 

燕麦(えんばく)は食物繊維が豊富なの♪

 

 

 

タッタタッタ

 タッタタッタ

 

ぺ「あー、久しぶりのこの散歩道〜〜」

 

ケキョケキョ

 ホーホーホケキョ

 

ぺ「うふっ、ウグイスたちも元気にさえずってる〜」

 

タタタターーーッ

ぺ「仙人、ただいま〜ーーッ!」

仙「おーーッ、ぺんたんよ、久方ぶりじゃ。」

 

ぺ「うぅっ仙人、、会いたかったーーー」

仙「おーッ、そうじゃろうそうじゃろう、。」

 

ぺ「町でのお仕事はとても楽しかったんです、やり甲斐もあって、手応えもあって好評で、でもやっぱり疲れましたぁぁ、、里でくつろぎたい〜。」

仙「おーッ、任せておけ、わしが美味しいスープを作ってやろうぞ。」

 

ぺ「わっ、嬉しい、スープ飲みたい!」

仙「おーッ、チャチャっと作るぞ。」

 

ぺ「仙人、なんのスープですか?」

仙「おーッミルクのスープじゃ。」

 

ぺ「おーッミルク⁇」

仙「オーツミルク、燕麦じゃよ。」

 

ぺ「アハっ、久しぶりの仙人のダジャレ、、」

 

仙「材料はこれじゃ。」

 

ぽん

 

 

f:id:senninlife:20210429143310j:image

 

 

 

ぺ「オーツミルクと出汁とシラスに梅干し。」

 

 

グツグツ

 

コトコト

 トトントン

 

 

 

仙「おーッ完成じゃ。オーツミルクで梅シラススープ。」

 

 

ぽん

 


f:id:senninlife:20210429143305j:image

 

 

 

 

ぺ「これがオーツミルクのスープ、どんな味なのかな⁇」

 

くるくる

 ゴクっ

 

ぺ「あ、美味しい、甘くて、でもシラスの出汁も効いてて、、ほのかな酸味も、。」

 

ゴク

 ゴク

 

ぺ「美味しい〜〜」

仙「お疲れ気味の貧血に良いぞ。」

 

ゴクゴク

 パクパク

 

ぺ「シラスの季節だわ〜」

仙「カルシウムたっぷり、骨粗鬆症にも良いのじゃ。」

 

 

 

 

 

オーツミルクで梅シラススープ   

 

《立法: 補中益気》

 

材料(2人分)

  • オーツミルク200ml
  • 出汁(カツオ)120ml
  • 干しシラス10g
  • 梅干し1個

   

作り方

  1. 梅干しはタネを取り、細かく叩いておく。
  2. 鍋にオーツミルクと出汁入れて煮立て、シラスを入れる。
  3. 一煮立ちしたら火を止め蒸らす。
  4. 器に注ぎ、梅干しを入れて混ぜ、頂く。

            

 

 

 

 

アリサン オートミール 500g

アリサン オートミール 500g

  • メディア: 食品&飲料
 

 

 

 

 

燕麦(えんばく) 補気

[性味/帰経 ]  平、甘/ 脾、胃

    ⑴補中益気 食欲低下、虚弱無力、自汗

    ⑵通便止血 便秘、大便不暢、吐血、血便、不正出血

 

しらす 補気

[性味/帰経 ] 温、甘/脾・肝・腎・心

[働き]⑴補益気血  気血虚弱、血行不良、目の疲れ、精神安定

 

烏梅(梅)  収渋類

[性味/帰経 ] 平、酸/肝、脾、肺、大腸

[働き]⑴斂肺止咳 肺虚の慢性咳、喘息

 ⑵渋腸止瀉 慢性の下痢

 ⑶生津止渇 虚熱の消渇

 ⑷安蛔止痛 回虫による腹痛、嘔吐

 

*薬膳素材辞典より

 

 

 

 

仙人問答

 

 

ぺ「仙人、オーツミルクとっても美味しいですね、甘みがあって、、このスープお気に入りに登録です!」

仙「オーツミルクはオーツ麦を使って自分で作ることもできるぞ。」

 

ぺ「へぇ、、そうなんですか、オーツ麦で、、。」

仙「オーツ麦、又はオート麦は燕麦というのじゃ、グラノーラなどに入っておるじゃろ。」

ぺ「あ、あれ、、オートミールとも言われてる、。」

仙「今日はオーツミルクでスープにしてみたが、オーツ麦に出汁とシラス、梅干しを入れてオーツ麦粥風にしても美味いぞ。」

ぺ「うわぁ、、それも美味しそう、、。」

 

仙「食物繊維が豊富なオーツ麦は血糖値の急上昇を抑えるのでな、糖尿病や高脂血症にも良いと言われておるぞ。」

ぺ「おーッ、優れものですね。」

 

仙「 鉄分、カルシウムも豊富じゃから、貧血や骨粗鬆症予防にもおーッきな効果が期待できる。」

ぺ「おーッ、素晴らしい。」

 

仙「おーッ手軽〜♪

ぺ「おーッいしい〜♪

 

仙&ぺ「オーツミルク〜〜〜♪ ♪ ♪

フラフラくたくた補気ッチャえ! イライラうつうつ理気ッチャえ!